ITエンジニアも一般のサラリーマンと同じです

大学新卒者の就職率が毎年マスコミで報道されます。今年は前年にくらべて増加しました
が、まだまだ就職難の時代といえます。企業にとっては優秀な新人を確保できる時代とも
いえますが社会全体にとって、失業率が高い状態が続くのは大きな問題といえます。ただ、
求職側と求人側のアンマッチもいわれています。もはや大学卒業の資格だけでは確実な就
職する為の条件といえなくなっています。企業の一般職としての、働き方がすべてではあ
りません。社会の要求する業種、発展している業種はどのような時代にもあります。IT業
界もそのひとつといえます。IT専門学校は、ほぼ100%に近い就職率といわれています。
どのような企業規模であっても、どのような職種であってもITは必ず必要です。自社で技
術者を雇うことができなくても、外注することで業務を遂行しなければなりません。需要
がまだ供給よりも多い業種のひとつのようです。ただ最近のアプリケーション開発やWeb
サービスの作成等は大規模かが多くなっていると思われます。ソフト開発のエンジニアと
いえども、一般のサラリーマンと同じといえるようです。分散化された仕事がほとんどで、
他の人との強調が取れる能力が必要な要素にあげられています。またコミュニケーション
能力も大事な要素です。単独の考えで仕事を遂行させて貰えることはないといえます。し
かしながらどうしてもあわないケースも多いようで、転職するか独立してフリーエンジニ
アとなる事もかなりあるようです。普段のスキルアップの努力が重要な職業といえます。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です